Just another WordPress site

満額の考え方

慰謝料の満額の考え方は交通事故の保険によって異なる

交通事故によって請求することが可能な慰謝料の考え方と言うのは、それぞれの事故のケースや加入している保険会社によってかなり異なります。保険金額を満額もらえることが必ずしも被害者の精神的な負担を軽減させるとは限りません。特定の保険によっては満額の保険料をもらったとしても満足のできる金額ではないこともあるのです。

日本国内で自動車を購入して運転をしようと考えるときには、まず自賠責保険という強制加入の保険に入らなくてはいけません。自賠責保険は自己責任によって加入するものではなく、入ることが義務付けられているので仮に交通事故によって大きな金額を支払わなくてはいけないようになったときには、この保険が適用されて慰謝料が支払われることになります。しかし、自賠責保険の問題点は最小限の金額しか保証してもらうことができないことにあります。確かに、最低限の金額は保証してもらうことが可能ですが相手に対して後遺障害を背負わせてしまったときには自賠責保険だけでは慰謝料を補うことが出来ません。そこで、大半の人は自賠責保険に加えて民間の保険会社に加入して交通事故が起こったときのための保険としているのです。

民間の保険会社の特徴は、慰謝料を支払う際の基準を独自の方法によって計算していることにあります。例えば、自賠責保険は一律で4200円という基準が存在するので必ず一定のお金をもらうことが可能ですが、民間の保険会社には他社で適用されるケースであってもその会社では適用されない交通事故のケースも十分考えられます。基本的に、等級認定を受けた人が保険会社に対して慰謝料を請求するときには多額の金額を請求することが可能なのですが、その満額に関してはやはりそれぞれの会社によって大きく基準が異なります。そもそも、慰謝料と言うのは相場というものが存在しますが必ずしもその相場でお金が支払われるわけではありません。被害者側が示談に納得せずに裁判を起こした場合には、裁判所が保険会社が定める満額以上の金額を請求したときにはそれに従わなくてはいけません。

交通事故による慰謝料は、あくまでも被害者が受けた精神的な被害に関する補償であるためそれを満たすだけの金額を被害者に対して渡していないと判断されたときには保険会社や加害者がそれを拒否することは出来ません。交通事故では、保険に関する保証や考え方もケースによって異なることをしっかりと理解しておきましょう。