Just another WordPress site

同乗者の分

交通事故では同乗者の分の慰謝料も支払われる?

交通事故発生時にはドライバーのみではなく、同乗者にも被害が及ぶことがあります。
特に自動車が大きく揺さぶられたり、明らかに凹みが生じるほどの衝撃を受けたという場合には同乗者にも被害が及ぶ可能性が高いでしょう。

そうした場合には運転手本人だけではなくその人の分も慰謝料を請求したいと思うのが普通ですが、では実際にこうした交通事故において慰謝料は複数人分支払われるのかと言うと、まず自賠責保険の場合は高確率で支払われます。
単独事故の場合は運転者の自賠責保険に対して請求がかけられますし、相手車両によって交通事故の被害が発生した場合には相手車両と運転者双方に対して請求がかけられます。

これは自賠責保険においては運転者以外の他人に対しての賠償がされると規定されているからであり、判例においては妻であっても自賠法上の他人として扱うとして判断がされています。
妻ですら他人になるのですから、友人知人、恋人などであっても同様に適用が出来るものとして考えられるのです。

ただ同乗者が本来その車の所有者であった場合、例えば夫がその車の自賠責保険に加入していて、妻が一時的に運転をしていて妻が事故を起こしたという場合、同乗していた夫が自身の自賠責保険に対して請求をすることはできないとして判断されますので注意が必要です。

次いで任意保険の場合ですが、これは車両同士の衝突被害に遭った場合に相手の任意保険に対して慰謝料を請求するということは問題なく可能であるとして判断できるケースがほとんどです。
ただ自分が加入している任意保険に対して「同乗者が怪我をしたから保険を適用してほしい」として請求するとなると、少々難しくなることが多いでしょう。

と言うのも現状の任意保険の多くは同乗者が同時に交通事故によって負傷した場合には「搭乗者傷害保険」という制度を申請することになるのですが、この適用の為には多くの場合だと親や子供、配偶者といった人が適用対象にならないのです。
友人や兄弟、恋人などの場合は適用できる可能性が高いですが、そういった形でないと交通事故発生後、自分が加入している任意保険に対して請求を駆けると言うのは難しいとして考えなくてはなりません。

また当然のことですが、自分が加入している任意保険に請求が出来るのは「適切な乗り方をしていた」という場合のみです。
軽トラックの荷台に人を乗せて運行していたり、軽自動車に5人以上の人を乗せて運行していたということになると保険適用外になってしまいますので、こうした使い方はしないように注意してください。