Just another WordPress site

腰痛で慰謝料?

腰痛で交通事故の慰謝料はもらえるか

交通事故による怪我は、目に見えるものばかりではありません。むち打ちや腰痛など、衝突したときの衝撃により発生する痛みなども重要な障害です。しかし、これらの障害は外からでは分かりにくいほか、その事故で受けた衝撃が原因なのかどうかがはっきりしない場合には慰謝料が支払われないこともあるからです。目に見える怪我は状態も治療の進み具合も確認できるのですが、このような目に見えない障害はなかなか状態を証明するのが厄介なものです。

交通事故に遭った場合、その衝撃により人間は骨格の一部に歪みが生じ、激しい痛みを伴うことが有ります。またその痛みは事故の直後に起こるとは限らず、数日または一か月以上経過してから発生する場合もあります。その理由は強い衝撃が加わったことにより歪んでしまった骨格が正常な状態に戻ろうとする際に異常な戻り方をして正常な状態に戻れず、それが神経を圧迫して痛みを発生させるからです。その為事故直後に痛みが発生せずに、数日または一か月以上経過してから発生することになるのです。一般的には医師の診察により交通事故で生じた痛みなのかそうでないのかは分かるものですが、特に腰痛の場合は日常生活においても歪みなどを発生させる可能性が高いため、後から痛みが発生した場合に交通事故の衝撃によるものなのか他の理由によるものなのかが不明確になってしまう場合があります。この場合、慰謝料が支払われなくなる場合があるのです。特に保険会社の場合には症状が交通事故の衝撃によるものである証明が無い限りは決して治療費や慰謝料の支払いには応じないので、交通事故に遭った場合には体に異常がなくても速やかに医師の診察を受け、骨格の歪みが無いかどうかを確認してもらう必要があります。そして歪みが発見された場合には速やかに申告し、治療費や慰謝料の請求を行うことが大切なのです。これを痛みが無いからと放置してしまった場合、後から痛みが発生して治療を受けても、その原因を特定することは難しいものです。

交通事故に遭ってしまった場合、相手方に対して体の状態を確認された場合には決して確認なしに大丈夫ということを言わない方が良いでしょう。特に事故によるむち打ちや腰痛は後から出てくるものです。何も痛みを感じなくてもまずは医師の診察を受け、医師に異常がないことを確認してもらうことが大切です。このような慰謝料の支給における条件や確認事項はぜひ記憶しておいて、不用意な行動によりもらえるはずの慰謝料を不意にすることの無いように、万が一に備えておくことも非常に重要な事なのです。